ご来店レポート

Keith Nelson氏ご来店スペシャル・レポート!インタヴューは記事の一番下にございます!

2016年3/23(水)Keith Nelson氏(Buckcherry)が御茶ノ水楽器センターにご来店されました。
店内のZEMAITISをゆっくりご覧になるKeith Nelson氏。
  
ANTANUSシリーズのメタルフロントモデルA24MF BKが目に留まったようで、重さを確かめるような素振りで「Good Weight!」と何度もおっしゃっておりました。
ツアー、ライブを行うギタリストにとって重さは重要なファクターなのでしょう。

ちなみに、この個体は3.8kgでした。
 
そして、当店自慢のZEMAITISウォールの前で記念撮影。
自然と肩に手を回してくれるKeith Nelson氏にドキドキしました(笑)こういう事が自然とできる男になりたいものです。
 
その後、2階のアコースティック・ルームへ移動。
そこでも、やはりZEMAITIS。ZEMAITISのアコースティック・ギターZ-SHSS/Rをお試しになりました。
外観、サウンド、感触をじっくりとチェック。
 

スタッフが持ってきたZEMAITISの新製品ZUKを試す時、思わずニッコリとされていたのが印象的でした。ウクレレってそういう力ありますよね。
 

普段使用している弦はERNiE BALLのRPS Power Slinky(#2250)との事。 RPSはプレーン弦にアーニーボールの特許であるレインフォースド・プレーン弦が使われているパックで、弦切れに強く、チューニングの安定感も向上する、当店でも一押しの弦です。




Q1:今回の日本公演で使用する予定の機材について教えて下さい。
Keith Nelson氏(以下KN):今回のジャパン・ツアーではフェンダーのテレキャスター、ギブソンのレスポール、そして2本のカスタム・ショップ製のゼマイティス・ギターを使う予定なんだ。
1本はチェスのデザインのパールフロント、もう1本は僕のアイディアで作ってもらった3ピックアップのメタルフロントのギターさ。

Q2.使用している弦のメーカーとチューニングについて教えて下さい。
KN:弦はアーニーボールの弦を使っている。もう20年になるかな?
アーニーボールの弦は最高の品質で、サウンドも最高、そして会社スタッフも我々ギタリストを手厚くサポートしてくれる素晴らしい会社だよ。
チューニングは2種類で、スタンダードチューニング(A=440ヘルツ)と、もう一つはオープンGのチューニング。
オープンGのチューニングはスライドギターに最高だよ。 それにいろんなコードのインベージョンを作ることができる。

Q3:パールフロント・モデルは持っていますか?
先ほど話したチェス・デザインの2ハムバッキングのパールフロント。これは今日のライブでも使うよ。
もう1本はジャカランダ指板の3シングルのギター*。このギターはもう生産は終わっているよね。
*S22ST-3S/JCRのこと。

Q4:ディスクフロントとメタルフロントで、サウンドの違いはありますか?

KN:ディスクフロントは3ピックアップのハムバッキングの仕様。サウンド的にはディスクフロントもメタルフロントも同じようなんだけど、ディスクフロントには5ウェイのスイッチが付いていて、色々なサウンドを作ることができる。
2ピックアップのギターでは出せない音が出せる点はいいね。


Q5:ピックアップは交換していますか?

KN:僕の持っているゼマイティスギターにはいろいろなピックアップを試したよ。
特にメタルフロントのギターにはね。
ギブソンやフェンダーとは違って、いろいろな可能性を感じるんだ。だからそれぞれにマッチするピックアップを探すことが楽しみなんだ。
一般の人はメタルフロントを見ると明るいサウンドが出ると思うんだけど、実はそうでもないんだ。何か特別な何かを持っていると思うんだ。
最初からマウントされているディマジオのピックアップ*は良いサウンドでベストマッチのピックアップだよ。
その他にもたくさんのブティックブランドのピックアップも試したよ。トム・ホームズ、WCR、シェイプトーンピックアップ。とにかく色々なピックアップを試してきたんだ。でも純正のディマジオピックアップもギターとマッチした素晴らしいサウンドのピックアップだよ。
*TONY'S COLLECTION、CUSTOM SHOPのモデルに搭載されているDiMarzio Custom PAF(DP103)のこと。
(インタヴューはここまで)

公演前の忙しい合間を縫ってのご来店でしたが、ギターをじっくりと見るキースさんの真剣な眼がとても印象的でした。
Buckcherry JAPAN Tour 3/23の東京公演、そして3/24の大阪公演、かなり盛り上がったようです。
またの来日を期待しましょう!

ZEMAITISの商品ページはこちらから!


ERNiE BALLの商品ページはこちらから!

Charlie Sexton氏 ご来店スペシャル・レポート!

2016年4月7日(木) ボブ・ディラン・バンドのギタリストとして来日しているCharlie Sexton氏が御茶ノ水楽器センターにご来店されました。

先日、新たにZEMAITISファミリーとなった事も話題になったCharlie Sexton氏。
店内のZEMAITISギターをご覧いただきました。
 
一番最初に弾かれたのはZEMAITIS S24DT DG。 ドラゴンの彫金が施されたディスク・トップ・モデルです。
ロニー・ウッドの大ファンというCharlie Sexton氏。じっくりと弾かれていました。
ZEMAITISの音は他では味わえない存在感があります。お客様に試奏していただいてる時に、たまに店内を移動して色々な場所で音を聴いてみるのですが、しっかりと届くんです。 これはリード・プレイヤーにとって、とても心強い存在だと思います。
それにしてもCharlie Sexton氏、かっこいいですね・・・。流石と言いますか、ギターを弾く姿が絵になります。
 
次に弾かれたのはCS24MF FR4C BK。 ナチュラル・カラーとの個体差をじっくりとチェック。

チューニングを変えたりして、色々なフレーズを弾いておりました。 夢中で、じっくりとギターの感触を確かめているのが、とても印象的でした。

2階のアコースティック・ルームではZEMAITISのアコースティック・ギターをチェック。
アコースティックギターを持っても絵になるCharlie Sexton氏。

ハート型のサウンド・ホールに合わせてのサービス・ショットにはスタッフ大興奮でした。

そして今回もインタヴューをさせていただきました。
Q1:ZEMAITISを知ったきっかけを教えて下さい。
Charlie Sexton氏(以下CS): ZEMAITISギターを最初に見たのは当時好きだったプリテンダーズのジェイムス・ハニーマン・スコットやローリングストーンズのロニー・ウッドが使っていたギターだね。
それまで見たこともないギターだったのでとても衝撃的だったよ。
ボディ・シェイプもそうだけど、なんといってもボディのエングレイビングは他には無いルックスだったからね。
当時まだ子供だったから強く印象に残っているよ。
僕はプリテンダーズのジェイムスの大ファンだったんだ。
そしてフェイセズも好きだしフェイセズはロニー・ウッドのギター、ロニー・レーンのベースとどちらもZEMAITISだったからね。
70年代の話だよ。インターネットなんてないんだから雑誌を見た、あの時の感動は強烈だったね。

Q2:所有されているZEMAITIS A24MF BKについて感想を聞かせて下さい。
CS:実は7、8年前にGZシリーズのギターをロサンジェルスの楽器店で見つけて、とても手に馴じんだので購入してずっと使っているんだよ。
僕の手は大きいんだけれど、そのギターは手にしっくり馴染んでとても弾きやすかったんだ。
最近手に入れた新しいZEMAITISのA24 MF BKもすごく弾きやすくて、すぐテキサスで行われたイベントでも使ったよ。
指板の幅が普通よりちょっと広い感じがしてそれがとても好きなんだ。
そしてなんといってもピックアップの音がとても心地よい。
そんなに高い出力は無いんだけれども、それがウォームなサウンドで気にいっているね。

Q3:本日、試奏されたS24DTの印象はいかがでしたか?
CS:僕はロニー・ウッドの大ファンだからね。
ディスクフロントには特別な憧れがあるんだ。
だから今日はZEMAITISをじっくり試すことができて、とてもうれしいよ。
ZEMAITISがこんなに置いてあるお店は世界にないからね。
このギターはスリーピックアップでマスターボリュームと、各ピックアップにトーンコントロールが付いている。
これを5ウェイスイッチで切り替えるという、とてもシンプルなんだけど使いやすいスマートな組み合わせだと思うよ。
そして、なんといってもこのサウンド、凄く太くていいね。ピックアップがディマジオで、すごくスイートでいい。
このギターをとても気に入ってるよ。

Q4:普段使用している弦のゲージとチューニングを教えて下さい。
CS:最初の頃はヘビーなゲージを使っていたんだ。
だけどだんだん変わってきて今は普通のゲージだね。
もちろん演奏する音楽によってゲージは変わってくるね。
ボトルネックの演奏では低音を太くしたり、ある時は軽めのゲージにしたり、でもビリー・ギボンズみたいにウルトラライトにはしないけどね(笑)
チューニングはオープンGなんかもスライドによく使うよ。
最近気に入っているのはアフリカンぽいスケールの弾き方なんだ。チューニングやピッキングを変えて独特なサウンドを作るんだ。


10代よりプロフェッショナルとして活動しているCharlie Sexton氏。 大御所の風格が漂うスター・プレイヤーながら、ギターを触っている時の無邪気な眼がとても印象的でした。 日本でのツアーは4月の下旬まで続きますので、日本で良いお時間を過ごせる事を願っております。
Please enjoy in Japan!
 

ZEMAITISの商品ページはこちらから!


Scotti Hill氏 ご来店スペシャル・レポート

2016年7月12日(火) SKID ROWのギタリストScotti Hill氏が御茶ノ水楽器センターにゼマイティスをご覧にご来店されました。

当店はゼマイティスを常時40本以上展示しており、自慢のゼマイティス・ウォールは海外の方にも大変人気があります!
普段はアンタナス・シリーズのA24MFをお使いのScotti Hill氏。今回はスーペリア・モデルで3シングル仕様の「A22SU 3S BP DIA」と24フレット仕様の「A24SU BP AB DIA」、そしてカスタムショップ製のメタル・フロント・モデル「CS24MF BK」をお試しいただきました。 多彩なサウンドキャラクターが魅力の「A22SU 3S BP DIA」と22フレット仕様に比べてタイトなサウンド感がある「A24SU BP AB DIA」、同じゼマイティスでもモデルによって違った魅力があります。Scotti Hill氏はピックを使っての演奏からフィンガー・ピッキングを駆使しての演奏まで、ゆっくりと感触を確かめておりました。 カスタムショップ製の「CS24MF BK」はタイトなサウンドとレスポンスの良さが好感触のようでした。ジュラルミン製のオリジナル・パーツから生れる独特な倍音とピッキング・レスポンスは多くのギタリストを虜にするゼマイティスならではの魅力の一つです。


2Fのアコースティック・ルームではゼマイティスの新たなアコースティック・ギターのシリーズをお試しいただきました。
スマイリー・ブリッジが目を惹く200シリーズは単板のローズウッドをサイド・バックに使用し、重厚な鳴りが魅力です。
ジャンボ・サイズのモデルとドレッド・サイズのモデルをお試しいただいたところ、より音に広がりがあるジャンボ・サイズの「CAJ-200HS」が好みにあったようです。ゼマイティスのアコースティック・ギターはどれも良く鳴るのですが、サイズによって音のタイトさ、広がり、音色が違い、お好みやプレイ・スタイルによってお選びいただけるラインナップになっております。


■番外編

ゼマイティスのウクレレをお見せしたら、とても喜んでいただけました!
ハートのサウンド・ホール、ブリッジ形状など高いコストパフォーマンスを実現しながらも、ゼマイティスならではの魅力を感じられるウクレレはウクレレをこれから始める方にも、はたまたゼマイティス・オーナーのコレクションにも大変お勧めです。
Scotti Hill氏は「自分の子供にギターを持たせるにはまだ小さいから、このウクレレは丁度いいね!」とおっしゃっていました。


■インタヴュー

Q1:ゼマイティスを知ったきっかけを教えてください。

Scotti Hill氏(以下SH):ゼマイティス・ギターを初めて見たのは、確かロニー・ウッドがプレイしていたディスク・フロントだったと思うね。それは今までに見たことのないギターで、真中に金属の円板が付いたとても美しいギターだったね。そしてキース・リチャーズといったトップ・ギタリストがプレイしているのを見て、このギターは何だろうと思っていたんだよ。何か特別なクラブでもあって、スーパー・ギタリストしか購入できないんじゃないかって思ってたんだよ(笑)。 実は案外それは間違いではなかったけどね。トニー・ゼマイティスは限られた本数のギターしか製作することができず、結果、製作されたギターは世界のトップ・クラスのギタリストにしか行き渡らなかったからね。最近バックチェリーのキース・ネルソンと友達になってね、彼が所有しているゼマイティス・ギターのコレクションを見る機会があったんだ。その全てのギターが驚くばかりの完成度の高さでさ、俺も是非ゼマイティスをもっと知りたいと彼に頼んで今回訪問することになったんだよ。


Q2:ゼマイティスの気に入っている点を教えてください。

SH:俺の持っているゼマイティスは、メタルフロントのモデルなんだけど、何といってもクラフツマンシップの高さだね。ギターを手にして弾いてみればそれはすぐに分かると思うよ。細かいところまで配慮された完成度の高さ、実際に見て感じる美しさ、まさに感動ものだよ。音楽を創造するための芸術品といっても過言ではないね。部屋に飾っておいて、見ているだけでもうっとりしてしまうようなそんな存在感のあるギターだね。


Q3:今、所有しているZEMAITISのモデル以外で、何かほかに気になっているZEMAITISのモデルはございますか?

SH:このショップには、ゼマイティスがたくさん飾られたゼマイティス・ウォールがあって、世界中にこんなショップは他にないんじゃないかな?色々なモデルがあって、どれも魅力的なギターだから、どれから弾いたらよいか迷ってしまうよ。試奏した中では、カスタムショップの黒いメタルフロントが気に入ったね。完成度も素晴らしく、サウンドがとてもタイトで濁っていないのがよいね。ファンタスティックなギターだね。


Q4:ゼマイティスを買おうか迷っている方に、何かアドバイスがあれば、お願いいたします。

SH:ゼマイティスのギターが気になっている若いギタリストにアドバイスとのことであれば、まず弾いてみることだね。最初からカスタムショップを試す必要はないけどね。ゼマイティスにはいくつかのレベルがあるから、まずはエントリー・レベルのギターをお勧めするよ。エントリー・レベルとはいえ、その完成度はとても高く、ゼマイティスの流れを受け継いだギターだからね。若いプレイヤー達も是非ゼマイティスを弾いて、そのサウンドの素晴らしさ、弾きやすさを体験してほしいな。


今回のご来店では店内のゼマイティスをゆっくりとご堪能いただけたようで、とても良かったです。ステージの上でゼマイティスを弾くScotti Hill氏を見れる機会が増えるかもしれませんね。今後の活動に注目です。
インタヴューの中でScotti Hill氏が触れていますが、現在ゼマイティスには大きく分けてCUSTOM SHOP、ANTANUS、CASIMEREという3つのラインがございます。
最高級ギター・ブランドとして認知されているゼマイティスですが、ユーザーのニーズに応えるモデル展開も行っており、近年は今までにないカラーリングを施したモデルの発表など、その動きから目が離せません。
御茶ノ水楽器センターはゼマイティス・ブランドのショウルームおよびアンテナ・ショップとして定番モデル、新モデル問わず多数取り揃えております。 各モデルの弾き比べも、ごゆっくりしていただけますので、お時間のある時は是非ともお立ち寄りください。


ゼマイティスの商品ページはこちらから!

Fred Gretsch社長 ご来店レポート

11/26(土)御茶ノ水楽器センターにフレッド・グレッチ社長がご来店されました。

2016年はなんと、グレッチ・カンパニーの本社ビルが創立されてから100周年になるとの事! フレッド・グレッチ社長から直々に記念のパッヂをいただきました!

多忙なスケジュールを縫ってのご訪問の中、当店のインタヴューにも丁寧にお答えしていただきました。

御茶ノ水楽器センターはGretschギターの品揃えはもちろん、純正パーツも豊富に取り揃えています。Gretschのユーザーの方に安心してギターを使ってもらう為にアフター・サービスも含めた世界一のGretschショウルームを目指しています。今回フレッド・グレッチ社長に御茶ノ水楽器センターについて感想をいただきました。

楽器フェア2016で大きな話題となった横山健さんの"ほぼ"等身大パネルを前に奥様と記念撮影!フレッド・グレッチ社長がお手にしているのは横山健シグネチュア・モデルの第3弾となる” Kenny Wild Penguin ”すごくクール!

その長い歴史の中で、Gretschはギター以外にも数多くの弦楽器を作ってきました。近年、ルーツ・コレクションとしてウクレレやマンドリン、バンジョーなどがラインナップに加わり大きな反響を呼びました。写真は当店のウクレレ・ブースでの1枚!お手軽にGretschのある生活を始められるウクレレは当店でも大人気です!

アコースティック・ルームにてホワイトファルコン・ランチャーを抱えるフレッド・グレッチ社長!ジャンボ・サイズのボディにホワイトファルコンのデザインが融合された、すごくゴージャスな1本!後ろに写っているギターたちも全てGretsch!そうなんです!当店はGretschのアコースティックギターも常時たくさん展示しているんです!

フレッド・グレッチ社長はとても紳士な方です。スタッフひとりひとりと丁寧にコミュニケーションをとってくださり、大変感激しました。今後もGretschの素晴らしさを伝えていけるように御茶ノ水楽器センターは頑張りますので、Gretschに興味のある方は是非1度、遊びに来てください!

↓当店のGretsch ストックリストはこちらからご覧いただけます。パーツも多数揃えておりますので是非ご利用ください!

Thomas V. Jones氏 ご来店レポート

2016年11月17日にTV Jonesの創設者 Thomas V. Jones氏にご来店いただきました。当店のリペアマンである白土とピックアップについての意見交換などを通して交友を深めることができました。

白土がカスタムしたGretsch Electromatic Collection G5422TGを試していただきました。こちらのギター、ピックアップをTV JonesのSuper'Tronへ交換し、タップスイッチを取り付けることで、Super'Tronの温かみのあるクラシックなトーンと、ハイロートロンのようなトレブリーなトーンの両方のサウンドを奏でることができるようになりました。Thomas V. Jones氏にも、その点をとても気に入っていただけて、「素晴らしい!」とのコメントをいただきました。

当店自慢のGretschウォールにて、ピックアップについての意見交換をするThomas V. Jones氏と白土。写真を見ていると、技術者同士ならではの濃い内容が聞こえてきそうです。

多忙なスケジュールを縫ってのご来店でしたので、短い時間ではありましたが、Thomas V. Jones氏の職人気質な雰囲気と、ギターをご覧になっているときの眼の輝きがとても印象的でした。 ブライアン・セッツァーのシグネイチャー・ピックアップや、ストラトキャスター、テレキャスター用のシングルコイル・ピックアップの発売など、素晴らしいピックアップの開発で常にファンを喜ばしてくれるTV Jonesから今後も目が離せません。

ただいまTV Jonesピックアップ載せ換え企画で白土がカスタムし、TV Jonesピックアップを搭載したGrecoやGretsch エレクトロマチック・シリーズのギターが3本ございます! Thomas V. Jones氏が今回、試奏されたのも、そのうちの1本です! そちらの記事も公開中ですので、是非ご覧ください!

TV Jonesピックアップ載せ換えの記事はこちら!

商品カテゴリ

免税のご案内

お客様へのお願い

ページトップへ