特集記事

Gretsch Electromatic Collection 特集

グレッチのエレクトロマティック・コレクションがリニューアルされて新登場しました。 エレクトロマティック・コレクションは、コストパフォーマンスに優れた価格帯でありながら、グレッチならではのサウンドとデザインを実現した人気のモデルです。 ファースト・グレッチとして、またはホローギターのサウンドを加えてみたい・・・もう1 本ステージでガンガン弾けるグレッチが欲しい、そんなギタリストにうってつけのギターです。本特集ではそんなエレクトロマティック・コレクションの魅力についてリニューアル・ポイントを含めて見ていきたいと思います。

ヘッドストック

50 年代後期のスモールヘッド・デザインへ変更されました。 また、ヘッド・バインディングが施されたことでより精悍な印象なっています。 そして、Electromatic のプリントが無くなり、グレッチ・ロゴで統一されたデザインになりました。

マシンヘッド

チューナーはグレッチの渋いデザインに調和させた、ヴィンテージ・スタイルのオープン・バック・マシンヘッドを採用しています。

ナット

摩擦抵抗が少なく弦がスムースに動いてくれるGraph Tech のNuBone ナットを採用した現代的な仕様になっています。

ネオクラシック“サムネイル”ポジションマーカー

ローズウッドのフィンガーボードには、ネオクラシック“サムネイル”ポジションマーカーがインレイされています。
※G5422TG は、ハンプブロック・ポジションマーカーとなります。

バインディング

ボディのバインディングがシングルからマルチ・プライ・バインディングに変更され、さらなる高級感が演出されています。さらに、f ホールにもバインディングが施されています。

電装系

マスター・ヴォリュームにハイパス・フィルターの役目を持つ、トレブル・ブリード・サーキットを搭載しています。 マスター・ヴォリュームを絞って演奏する際にハイ落ちさせることなく曇りのないブライトなトーンを放出します。 ブラック・フィルタートロン・ハムバッキングのサウンドを十二分に楽しめる仕様です。

ブリッジとビグスビー

スタッド・スクリューがローズウッドの台座を貫通し、ボディへ固定される構造に変更されました。このことで弦の振動をボディへ無駄なく伝達し、ブリッジがずれるなどの心配も無くなりました。ビグスビーのB60ヴィブラート・テイルピースをフィーチャーしたトレモロ・プレイもバッチリ決まります。

新しくリニューアルしたエレクトロマティック・コレクションは、ヴィンテージ・ライクな風合いと、ガンガン弾き倒せる性能を両立した、素晴らしいグレッチに仕上がっていると思います。是非、御茶ノ水楽器センターで、そのサウンドを体感してみてください!


■Electromatic Collection商品一覧

更新情報

 

商品カテゴリ

ジャンルから探す

ブランドから探す

Welcome to Japan

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ